アルナムの牙 獣族十二神徒伝説

PCEngine
媒体SUPER CD-ROM2
ジャンルRPG
発売日1994年12月22日
価格8,300円
メーカーライトスタッフ

アルナムの牙は、エメラルドドラゴンやアルシャークなどでおなじみのイラストレーター木村明広氏が製作総指揮を取ったRPG。十二の獣人族の代表が忌み嫌われながらも、人間を守るために戦う、悲哀に満ちた物語が描かれる。人種差別というナイーブなテーマを扱いながらも、それに臆することなく率直に訴えかける挑戦的な作品と言っていいだろう。その他では、何と言っても美麗なビジュアルシーンはさすがで、森川智之、冬馬由美、千葉繁、松本保典、篠原恵美ら他、豪華声優陣による声による熱演も華を添えている。

とはいえ、残念ながらこの作品、手放しに褒めるには少々難がある。まず最初に気が付くのはエンカウント率の高さだ。数歩歩けば戦闘なので正直うっとおしい。特定の武器の付与効果が強すぎるといったことや、このゲーム、3人パーティなのでメンバーの入れ替わりが頻繁に起こるのだが、物理攻撃系と魔法攻撃系で強さに落差があったり、パーティに回復系が一人もいないことがあったりと、戦闘のバランスも欠いている。

ただ、戦闘云々よりもこのゲーム最大の問題はバグの多さ。運が悪いとバグに当たるのではなく、一度や二度の遭遇は当たり前。バグを見ない方が奇跡である。おまけにそのバグがハマりやフリーズバグなのだから手に負えない。僕の場合は、実機ではなくエミュレータでプレイしていたので、大事に至ることはなかったが、振り返ってみると、実機プレイでクリアできる自信はないし、当時クリアを諦めたプレイヤーも多かったようだ。当時回収騒ぎにもならなかったのは、単にそういう時代だったからに過ぎない。木村明広氏曰く「某工場の焼ミスで致命的なバグが発生してしまった」という話があるそうで、某所ではこれを嘘と断定していたが、可能性は低いとはいえ、マスターの取り違えなどの可能性もないわけではないので、実際のところは良く判らない。

結局のところ散々な評価になってしまったゲームなのだが、ドラマチックで意欲的な物語への評価は非常に高く、PlayStationではシナリオをそのままにアドベンチャーゲームに形を変えてリメイクも発売された。戦闘バランスで理不尽にプレイを阻害するような問題があった訳ではなく、エミュレーターで気を付けながらプレイする分には十分に楽しめたので、バグさえなければもしかしたら名作扱いされていたかも。


裏ワザ
-敵が出現しなくなる-
1.メーカーロゴ表示中に「I、II、I、II、上、下、上、下」の順に入力する。
2.ゲームが始まってからフィールド上でセレクトを押すとデバッグウインドウが表示される。
3.デバッグウィンドウの下段の右端の文字を「F」に、右から4番目の文字を「1」にする。
攻略ヒント(バグ)
1.ギホウの街で、キョウが「ジュウケイの町は真東」だと話すが、本当は西。
2.モウ族の村で、ヒエンの実家に泊めてもらった際に体力も気力も回復しない。
3.ゴ族のスズメが最初にパーティに加わる際、顔グラフィックがおかしい。
4.タランダがレベルアップすると覚える「熱炎」は使うとフリーズする。
5.タランダ・トバリとのパーティで四天孔のナンゴウに会うまでにレベルを上げ過ぎるとバグる。
6.清都の宝物庫で棚を調べずに部屋を出ようとするとフリーズする。
7.「爆牙の小太刀」の宝箱近く、白っぽい壁から外に出るとゲーム続行不可能に(なるらしい)。
8.終盤に塔へと向かう巨大洞窟からミ族の村付近の出口を使って出入りするとバグる事がある。
9.塔でヨウガンらが飛び降りたイベント後に階の入口に戻ろうとすると、泉の周りに仲間が復活。
階段を降りたら最後、登る事も脱出する事も出来なくなる。
10.マンダラの盾と飛空の鎧は誰も装備できない。
11.ステータス画面が文字化けして元に戻らなくなることがある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました