富士通アルカリ乾電池 単三型 LR6(4B) ポケモン 1.5V



いわゆるピカチュウ乾電池。ピカチュウとライチュウがデザインされた単三乾電池が2個ずつ計4個パックで、ポケモンおやすみシール付き。

残念ながらすでに液漏れ。未開封なのでポケモンおやすみシールがどんなデザインなのかはもちろん、乾電池全体のデザインも不明。まあ見つけた時になんとなく思い付きで買っただけなのですが、今考えると開封用にもう1パック買っておけば良かったかも。

NINTENDO64 Wゲットだぜキャンペーン



任天堂の据え置き型ゲーム機 NINTENDO64 の特別バージョンとしてポケモンカード二枚とCDがセットになったキャンペーンモデル。NINTENDO64のパッケージはシールが貼ってあるだけの普通のパッケージなので(というか写真撮る忘れてて出すの面倒なので)割愛。

ポケモンは微妙に世代がずれているのでそんなに気にしていたタイトルではないのですが、たまたま購入時期にキャンペーンが重なったので貰えるものは貰っておいた感じ。NINTENDO64にしてもそこまで欲しかった訳ではなくて、ゲームをやらないウチの奥さん(当時はまだ結婚前)が、マリオカートは面白そうみたいなことを言ったので買った記憶がある。とはいえ彼女も合わせてくれてた感が強く、そんなには遊ばなかった気もする。

それにしてもまさかのポリゴン。買ってから割と近い時期にいわゆるポケモンショックがあったんじゃなかったかな。調べたけど大してプレミアもついてないし、なんか不遇なキャラなイメージしかない。

ファミ・コンプリート



三才ブックスより発売の全ファミコンソフトを網羅したデータベース的な書籍。

三才ブックスといえば、月刊誌「ラジオライフ」や「ゲームラボ」などその筋の人には有名な出版社ですが、そのゲームラボ編集部が、通常流通したゲームのみならず、周辺機器や非売品ソフトまで幅広く情報をまとめた本になっています。現在ではプレミアもついて、1万円以上する場合も珍しくないのは、ゲームラボ編集のネームもあるのだと僕は思ってます。たまにムック本で似たような印象の本が出版されますが、情報不足で何のコンプリートにもなっていなかったり、せっかく網羅的にゲームを紹介しているのにクソゲーという言葉を安易に使いすぎたつまらないレビューでしかなかったりと、この手の本は意外と残念な場合が多いです。その点、この本ではそういったお茶を濁すコメントはなく、的を射たシンプルな紹介も好印象です。

同級生テレホンカード



PC-9801シリーズ専用ソフト「同級生」のテレホンカード

PC-9801シリーズ以外にも幅広く移植された大ヒット作品ですが、テレカをリアルタイムで購入した当時は、まだPC-9801だけだったと思います。いわゆる18禁のエロゲながら、一般のゲームを含めた枠組みで見ても好きだと言う人は多く、僕もゲーム全般でランキングするとしても確実にBest3には入れるゲームです。後にも先にも攻略本だの、画集だの、LDだの、エロゲのグッズ買ったのは同級生だけです。まあ大抵は秋葉原だとかその辺りで買ったものですが、このテレカは確かエルフのショップで購入したはず。

ファミコン ディスク システム クリーニング用品のチラシ



ファミコンのディスクシステムに同梱されていたクリーニング用品のチラシ。

肝心の写真にあるクリーニング用品は見た記憶もありません。パソコンなんかでもドライブのヘッドクリーナーはよくありましたが、フロッピーディスク側のクリーナーって珍しいんじゃないかな(まあファミコンはフロッピーディスクではなくてクイックディスクの一種なんですけどね)。

マリオ花札



スーパーマリオブラザーズシリーズのキャラクタ(+α)がデザインされた花札。

任天堂は昭和二十二年創業の老舗玩具メーカーですので、時代背景からも花札を製造していたという事実はまあ当たり前と言えば当たり前かもしれません。ただファミコンの大ヒット以降、常に先端技術の塊である家庭用ゲーム機を世に送り出してきた企業としては、未だ変わらずに花札を作り続けているというのは、何とも任天堂らしい気がします。

COMPILE GAME LIVE 1997 アルル・ナジャ ボールペン


コンパイルのぷよぷよシリーズ主人公アルル・ナジャのデザインされたボールペン。

コンパイル主催のイベント「COMPILE GAME LIVE 1997」で配布されたもののようです(そう書いてあるので)。まあ要は全国展開の販促イベントですが、当方、別にイベントに参加してもらったわけではありません。それは間違いないのですが、はて、どこでもらったかはイマイチ思い出せず。おそらく当時のゲームショーとかで余り物が配られていたのをもらってきたのではないかと。

ゆみみみっくすREMIXのチラシ

セガサターン版ゆみみみっくすREMIXのチラシ。ゲーム発売元はゲームアーツ。

セガサターン版ゆみみみっくすREMIXは、メガCD(メガドライブのCD-ROM)で発売されたゲームのリメイク版。内容はキャラクタデザイン担当の竹本泉氏の漫画の世界を大いに反映した、まさに竹本泉ワールドなゲーム。このゲームで研究されたアニメーション技術が、後に発売されたRPGグランディアにも影響している。

実はこのチラシ穴あけパンチで穴が開いてしまっているのだが、写真はPhotoshopでちょちょっと補正した。

EGGY エナ フィギュア

D4エンタープライズが運営するレトロゲーム復刻配信サービス、プロジェクトEGGのマスコットキャラクタ「エナ」フィギュア。

エナは 「ボーステック第1回プログラムコンテスト」優秀賞受賞作 「EGGY」に登場するプレイヤキャラクタ。フィギュアはプロジェクトEGGのパッケージ商品を買う度に同梱されてきたので、家に3つもある。正直スタイルもなんか違うしぶっちゃけEGGYとか全然興味がないので、そんなにあっても困ります。最近はEGGでお買い物してないので今も同梱されてくるかは不明。

3DSLL レトロフェイスポーチ PCEホワイト

レトロゲームコントローラ風の 3DSLL 用ケース。もちろん、非ライセンス商品。

PCE はもちろん PC エンジンのことだと思いますが、こういう商品で PC エンジンデザインは珍しいです。権利関係が厳しいのか、何なのかはよく判りませんが、レトロゲームグッズでファミコンがあるのはまあ当たり前として、メガドライブがあっても PC エンジンはないというのがいつものパターンです。そもそも互換機だってレトロフリークくらいで、他には見たことがありません。

別にこれ自体がレトロなものではないので、 2018 年 10 月現在でも Amazon で普通に売っています。 Amazon のレビューでは New3DSLL を入れた際にはサイズがキッチリ過ぎるようなことを書いていますが、我が家の 3DSLL ではイイ感じに微妙なゆとりを残しつつのジャストフィットなサイズ感です。レビュアーさんのは印刷もズレているそうですし、本体サイズ 0.5mm の差がそこまで影響するとは考えにくいので、彼がハズレを引いてしまったのか、僕のが当たりだったのか、そんなところでしょうか。

厚みはゲーム機本体の倍以上になるので携帯するには結構な大きさになります。また素材には EVA 素材を使っているのでコルクのような手触りですが、 経年劣化の汚れは割と目立ちます。子供が持つにはデザイン的に興味がないでしょうし、大人が持つにはちょっと邪魔くさいので、やはり趣味に走る人間が持つアイテムですね。

Top